Walk with Quilts* 

2014年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2014年07月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年06月
ARCHIVE ≫ 2014年06月
       次ページ ≫

≪ 前月 |  2014年06月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

☆*.。・:+ 星の王子さま ☆*.。・:+

IMG_1169_20140630203356b5e.jpg



ご訪問ありがとうございます♪

今日は星の王子さま➡☆の作者であるフランス人作家の、サン=テグジュペリ(1900~1944)の誕生日です。

星の王子さまは世界中の人に愛されているファンタジー物語です。
王子さまと砂漠に墜落した飛行士のお話で、「大切なものは、目には見えない」などの印象的な言葉をはじめ、「生命」「愛」について多くのメッセージが込められています。子どもから大人まで、誰もが自分あてのメッセージを読み取ることのできる物語です。


物語のあらすじ

小さな星に住んでいる王子さまがいました。
王子さまの星には美しい花が一輪咲いていました。でも、その花ときたらとってもワガママで、王子さまを困らせます。あるとき、王子さまは花とケンカをしてしまい、じぶんの星を後にして旅にでます。

地球を旅していた王子さまは、バラ園にたどり着きます。そこには、じぶんの星の花にそっくりな花がたくさん咲いていました。じぶんの花は、この世界にたったひとつだけと信じていたのに・・・王子さまは悲しくなってしまいました。

そんなとき、王子さまは一匹のキツネと出会います。キツネと仲よくなった王子さまは、「仲よくなるということは、お互いにとってかけがえのない存在になる。」ということ、「心で見なくちゃ、ものごとはよく見えない。大切なことは目に見えないんだ。」と教えられます。
そして、星に残してきたワガママな花が、じぶんにとってなによりも大切で、この世にひとつだけの花だということにきづくのです。
➡本文をコピペしたサイト


IMG_1212_20140630215803015.jpgIMG_1202_201406302202026d1.jpgIMG_1204_20140630215307cc7.jpg



スポンサーサイト

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。