FC2ブログ

Walk with Quilts* 

2019年12月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年02月
TOP春色☆サンプラーキルト ≫ サンプラーパターン7枚目★オレンジピールの途中経過★and いろいろ・・(*'▽'*)♪

サンプラーパターン7枚目★オレンジピールの途中経過★and いろいろ・・(*'▽'*)♪

小さなサンプラーのパターン
今日はオレンジピールです(7枚め/9枚中)。
とはいっても下準備に追われていました。

実際に作ってみるのははじめて。
なのでどんなふうにしたらよいのか迷いました。

そこでしばし研究タイム♪
パッチワークの本を積んでオレンジピールを眺めました。

そして(なんとなくですが)わかったことは
中央の正方形か (土台布)
四隅のカーブか (アップリケ)

どちらかにポイントを置くのね(*'▽')たぶん。

そんな考えにたどりついたので
中央の正方形にポイントをおくことにして土台布を4枚選びます。

ポイントといっても私は同系色っぽい組み合わせが好きなので
アクセントになるような色柄ではないのですが
いちおうポイントのつもり('◇')ゞ

カーブをぐし縫い→型紙に沿ってアイロンで形を整える→土台布にまつる。

歪むのが心配です…
ちょっとの不安を抱えつつ
土台布の正方形のほうに消えるボールペンでしるしをつけてまつり縫いを始めます。

IMG_0205.jpg

        IMG_0206_20130528154727.jpg


実は野いちごのトップまだ未完成です。
隅っこの葉っぱがなぜかこんなに離れている。なのでこれを手直ししています。

そしてこれから花芯・葉脈など細かい部分の刺繍にはいります。

IMG_0204_20130528154945.jpgIMG_0203_20130528154903.jpg


■ ■ ■ ■ ■


先週末に池袋のT百貨店に行ったとき
6Fのギャラリーで金澤翔子さんの書展が催されていました。
翔子さんはもう27才になるのですね。

どれもたいへんな迫力です。
思いがけなく翔子さんの書を鑑賞する機会にふれて
心の底から湧き上がってくる感動でウルウルしてしまいました。



          IMG_0200_20130528154507.jpg


■ ■ ■ ■ ■ 


キルトパーティのweb*通販で購入した布ちゃんたちは…♪

アップルグリーンのチェックを50㌢。
これは野いちごのミニキルトのパイピングに・・と思います。

それと斉藤先生のセンテナリーカットを5種類(*^^)v♪
いつまでも見ていたい。見れば見るほど大好きな色合いです♪

IMG_0201_20130528154637.jpg

 

いつもありがとうございます

にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村  

Comment

あんずさん
こんにちは^^*


オレンジピール昨年のパートナーシップ出作りました。
でも本当に丁寧にきちんと作られていて感心します。
私は反省しないとです。

金澤翔子さんの書展そうですかあ・池袋のデパートで
すばらしいですね。
感動します、いいこですものねテレビでしかみたことないですけど。

QPでお買いものですね、見たことのある生地です。
私は生地みてにんまりするタイプです。
2013.05.28Tue 17:59 ≫ 編集
こんばんは~
オレンジピールはアップリケで作るタイプのなんですね!
わたしはピースワークで作るオレンジピールしか
作ったことがないので 出来上がりを楽しみにしていますね♪

キルトパーティの布は優しい色合いの布を
購入したのですね~
使い勝手が良さそうです(*^^)v
2013.05.28Tue 20:19 ≫ 編集
Re: チャピさん
こんばんは♪
ありがとうございます(*^▽^*)

この布ちゃんたちはチャピさんも見たことがあるでしょう?
次回6月のQPの通販が待ちきれずポチッ★
はじめはアップルグリーンのチェック布だけでもよかったのですが
センテナリーも見ていたらつい…('◇')ゞ

チャピさんの(キルトフェスティバルの)オレンジピールのトップ憶えています。
今となってはの話ですが
あのとき「どんなところに気をつければ?」などと質問すればよかったんですけど
今回はとにかく『作ってみる』に徹することにしました。まずは慣れてみます♪

金澤翔子さんはNHKの朝の番組で知りました。
大河ドラマのあの『平清盛』も出展してあり
あんなに可愛らしい女の子が書いたとは思えないようなすごい迫力でした。
印象に残った『遊』という書は
しんにょう(辶)の長く伸ばすところ
それがリックラックテープのように波打っているのです♥
もうパワーをいっぱいいただいてきました(^^♪
2013.05.28Tue 22:10 ≫ 編集
こんばんは~☆
オレンジピールって難しそうですね。
「カーブがある」ってだけで、敬遠してしまいそう^^;

書道展、行かれたのですね。
キルトと一緒で、好きな作品に出会うと胸にじ~んときますよね。
あんずさんも、書道されてたのですか?
私、子供の頃から20代まで書道を習ってました。
その先生の字がとっても好きだったので、
亡くなられたからは、他の先生につく気がしなくてやめてしまいました。
時々、書いてみようかな?なんて思う時があります。

2013.05.28Tue 23:05 ≫ 編集
Re: しずくさん
こんばんは♪
ありがとうございます(*^▽^*)

オレンジピールも斉藤先生の本はピースワーク
松浦香苗さんの本ではアップリケとなっていました(*'▽')
オレンジピールのアップリケでも
レモンスターと同じく縫い代の集まる中心はもたつきますね(+o+)
でもとりあえず1作目。

サンプラーをホビーラの型紙で作っているので作り方も右へ倣えにしましたが
これは比較の甲斐がありそうなパターンかもです(^^♪
オレンジピールの2作目からはピースワークにします。

そうなんですよ~♥使い勝手はとてもいいです♪
こんな微妙なかんじの色合いが好きです(^^)/
2013.05.28Tue 23:06 ≫ 編集
Re: ととろさん
こんばんは♪
ありがとうございます(*^▽^*)

サンプラーパターン9枚の中でも
オレンジピールは最後まで残しておくつもりでしたが
今日は思いきって始めました(^^ゞ

カーブをぐし縫いしてアイロンで押さえてまつり縫い…
この作業はけっこう大変です。でも4枚だけだからと思って気合いです(#^^#)


金澤翔子さんの書道展は偶然でした(百貨店のギャラリーです)。
ぜひ拝見してみたいなと思っていたので思いがけなく夢が叶いました(^^♪

ととろさんは20代まで書道を続けておられたのですか。
わぁ。。そんなに長く…すごいです。
亡くなった先生の書に惚れ込むというととろさんのお気持ち理解できます(*^^*)
書は体を表すと言いますよね。
お人柄も素敵な先生だったのでしょうね。

私が書道を習っていたのは中学2年まででしたが
今でも墨の香りに日本人としてのDNAが騒ぐような気がします♪
2013.05.28Tue 23:58 ≫ 編集
こんばんは♪
このオレンジピールって、ぐし縫い+型紙+アップリケなんですね!
ちょっと難しそうですが、つながったらどんな感じなのか楽しみです^^

詳しくないんですが、とても力強い書ですね~
書かれた方から何か伝わってくるみたいで、書道ってすごいです。
2013.05.29Wed 21:21 ≫ 編集
No title
こんばんは~

 先日70歳で定年を迎え中国語を学び始めた友人と
話していて 彼女に比べ自分はと落ち込んでましたが
こんなに身近にあることをあんずさんのブログを見て
気がつきましたよ~o(^_^)o V
2013.05.29Wed 22:01 ≫ 編集
Re: MANAさん
こんばんは♪

ありがとうございます(*^▽^*)

オレンジピールは初めてだったので
アップリケするのとピースワークするのとどっちがいいのかなと思ったけど
ホビーラの型紙に書いてある方法で作ることにしたんです。

もはや16枚にあてたカーブの型紙の端っこもヨレヨレになり(+o+)
手間・時間がとてもかかっています。
アップリケはまだ最後まで終わっていないのですが
早くも結論が出そうな勢いです(^^ゞ

金澤翔子さんという方は若手の女性書道家なんですよ~♪
天真爛漫な感性の書という印象でした。
力強い筆使いが素晴らしいですよね(*^▽^*)
2013.05.29Wed 23:45 ≫ 編集
Re: nozomiさん 
こんばんは♪

ありがとうございます(*^▽^*)

nozomiさんがお気付きになった
> 身近にあること…

私のブログで・・・わぁ。。何なのでしょう~( *´艸`)♪


↓ここからは余談です(^^♪

漠然と思っていることがあって…
それは太陽が照りつける日に道路に現れる自然現象の『逃げ水』と同じ
私はいつも『夢』を追いかけていたいです('◇')ゞ

夢といっても目標とは違って100%実現不可能な夢(*ノωノ)
ねっ♥(*'▽')まさに『逃げ水』でしょう?


だけどほんとうに語学って楽しいですよね。視野が広がります。
nozomiさんのご友人も定年になり一区切りついたところ
更なるスタート地点に立たれたのですね♪
2013.05.30Thu 00:35 ≫ 編集

Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL