FC2ブログ

Walk with Quilts* 

2019年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年01月
TOP ≫ CATEGORY ≫ ☆Happy Halloween

ハロウィーンのためのLet’s Try★夜の風景クッションカバー♪

IMG_0676.jpg


来月はハロウィーンですね(#^^#)

ハロウィーン好きなんです。(ミーハー)
オバケかぼちゃとかコウモリとか(^^♪

昨年はクッションを2つ作ったので今年も。


* * * * * * *



Let's Try"My Home Town"②のクッションカバー

IMG_0681.jpg


何年か前のキットです。 "My Home Town"②というキット。

作り方の説明が手書きです。最近のQPのキットではないと思われますが
②のクッションカバー
ということはもあるはずなんですが。
①って何だったのでしょうね~?

クッションカバーは夜の色なのでハロウィーン仕様にしてしまおう~

キットはすべてそろっているけど
ブラック系の布を使いたいのででこちらにします。

IMG_0680.jpg



なのでキットは使わないです。
それぞれの家の窓と星を加えてオリジナルっぽく。
空にはコウモリのアップリケをするとハロウィーンぽくなるかも(^^♪

IMG_0675.jpg


* * * * * * *


ここ数日間のこと。
ケータイに見知らぬ電話番号の着信が複数ありました。(03‐××××‐××××)

実家が都内で友人もいるため、未登録の友人かなとそこへかけてみたら
男性の声で「ロト6の当選番号予想の▽▽に登録ありがとうございます」

えええ~!!
「登録してませんけど?」と言うと
いきなり「○○さんは宝くじとか買いますか?」と聞いてきて、確率がどうのこうのペラペラ~・・胡散臭い。

そして「今からナンバーを教えるので書き取ってください」と言うので
「いや。お断りします」と答えると
「今なら1か月無料キャンペーン中ですよ」

無料?

これはますます胡散臭い。

「ロト6も宝くじも興味ないんで」←うそ。うそ。(笑)
「ほかの方にぜひ当選させてあげてください。さよなら」と切りました。
すぐに、怪しげな03で始まる番号を着信拒否にしておきました。

あとでネットで調べてみたら、当たっても外れても当選予想情報代としてお金を請求されて
代金を振り込ませて逃げるというお決まりの実態のない会社、詐欺のようでした。は~。助かった。

だけどなぜゆえに私のケータイ電話番号と苗字を知っているのだ?
不思議 "(-""-)" おいしそうな話には気をつけなくちゃ!


クッション完成~(*^^*)ファスナー仕立ては意外と簡単だった♪

ハロウィーンのクッション【A】【B】共に完成しました。
のんびり屋の私にしては超特急ですっっ(#^^#)/

【A】ログキャビン(40センチ×40センチ)
IMGP0088.jpg IMGP0074.jpg


【B】ジンジャークッキーボーイ(38センチ×34センチ)
IMGP0101.jpg IMGP0102.jpg

クリスマスのタペが後に控えているので
早いとこ完成させてしまおうと昨日and今日はミシンがけをしました。

カバーの開閉は敬遠していたファスナー仕立て。
重なりのところでファスナーが見えないようになるタイプです。

ファスナー付けってやたらと難しそうで…って思っていたけど
やってみたら意外と簡単でした。
コツはひたすら"仕付けをかける"。


♪♪では作っていきます

1.開き【A】40センチ【B】38センチ→どちらも35センチ(規格品)のコンシールファスナーを使います。
IMGP0060.jpg

2.後ろ側布(表側サイズ÷2)2枚。 縫い代は開閉口に各2センチ、左右~下側に各1センチ。
  ファスナー位置は36センチ(=ファスナーの長さ+1センチ)。ファスナー付け位置に仕付け。両脇を縫い  閉じた。
IMGP0064.jpg
 
3.手前の布は仕付け糸に沿ってアイロン。奥の布は仕付け線から3ミリ持ち出してアイロン。
IMGP0065.jpg IMGP0067.jpg


4.奥の3ミリ持ち出し分にファスナーをあててずれないように仕付け。縫った。
IMGP0068.jpg IMGP0077.jpg

5.(※3の仕付け糸はまだ抜かない)
  後ろ布をひろげて残りのファスナーをあてて開閉部に沿って仕付け。
IMGP0079.jpg IMGP0078.jpg

6.表側から仕付け糸のきわを案内線にしてミシン縫い。偶然1センチ幅になった(1センチ幅だと出来上がりがきれいに見える)
  ※最後に仕付け糸をすべて取り除いた
IMGP0080.jpg IMGP0081.jpg

7.できた!
IMGP0087.jpg IMGP0092.jpg




放置しないで完成させるって気持ちが良いものですね!
これで心置きなくクリスマスタペを始めることができます。



ハロウィーンのクッション【A】【B】トップができた♪

3連休はお針が進まなかったので
今日こそはと
【A】ログキャビン【B】ジンジャークッキーボーイ
2種類のクッションカバーのトップ作りを頑張りました。


【A】ログキャビンのクッション

専用キルト綿に直接縫い付ける方法で
キルティングの必要がない代わりに
繋いだ16枚の縫い代の始末に時間がかかりましたが
すべてまつり縫いが終わったときは達成感がありました。

IMGP0051.jpg




濃い色のほうのチャコールグレーは(木綿)
コーデュロイと同じような畝の織り方で方向性があり
光の当たり方と見る角度によって濃くなったり白っぽくなったりしています。
それに手触りがもっさりとしているのでこれからの季節の小物として向いてるかもw
なんて自己満足に浸っています。(#^^#)


トップができあがったところで反省点。それは「中央の布の色が変」という点です。

ログキャビンの中央は元々炎を表すのだそうですし
もう少し明度の高い色にすれば良かったかもと思います。
また作るときはしっかり考えよう。

IMGP0052.jpg



【B】ジンジャークッキーボーイのクッションカバー

とりあえずキルティングは完了にします。
ふぅ~。
表情(目・口)は最後に入れようと思っています。


IMGP0053.jpg



あとはそれぞれミシンでファスナー付け→周囲を縫う→完成。
今月末のハロウィーンに間に合えばいいので慌てないでのんびりと縫います。




マツコ・デラックスさんが「綺麗ごと言う人って嘘つきよねぇ~」という何かのCM。

初めて見たとき「いいこと言うなあ」と感心しましたが
その反面どきっとしました。
私ってあまり深く考えずに
「いついつまでに○○する」「明日は○○する」等と軽々しく言うなあと。
きっぱりと言う割りにはいい加減なところがあるという
そんな心当たりがあります。

有限実行ともいわれるように
「○○する!」という発言がたとえ一時の呟きのつもりであっても
言ったことを守れなければ私も口先ばかりの人かもしれません。

今後は予測だけで宣言することは慎まなくちゃ。。と思いました(0≧▽≦0)




☆いつもありがとうございます

【A】ログキャビンでハロウィーン*ブロックのデザインを選ぶ*

穏やかな秋晴れの日です。



              IMG_0056.jpg
                



ログキャビンのバリエーションは並べ方でいろいろな表情が見えてきます。
(↓昨夜遅く撮影したので色調がブルー系に見えますが同じものです↓)

このパターンでハロウィーンの何を作るのかもまだ決めていなくて
16枚を並べて
あ~でもないこ~でもないと迷ってなかなか答が出せませんでしたが
遠目に見ておもしろいと思った3番目のデザインを選んで
これをクッションに仕立てることに決めました。

そう。。私はクッションおたく。大好きなんです♪


1.IMGP0045.jpg    2.IMGP0048.jpg 

3.IMGP0049.jpg    4.IMGP0046.jpg



♪♪それではトップを作っていきます

【1】キルト綿をよけて2枚のブロックを繋ぎます。けっこう縫いづらいものですね。
【2】縫い代のところで重なるキルト綿を切り落としました。
【3】ここでまたトラブル発生です。
   縫い代をキルト綿の下へもぐりこませ、キルト綿をつき合わせに縫うのですが。
   最後のピースの縫い目はキルト綿に縫いこんであるのに
   どこをどうやってキルト綿の下へもぐりこませろというの?
   糸を切るしか方法はないではありませぬか~。

【4】仕方ないので縫い代はキルト綿の上からまつっておきました。
【5】2枚が繋がりました。
【6】4枚繋げた時に中心になるピースを卍の形にしました。



【1】IMG_0051.jpg  【2】IMG_0052.jpg

【3】
IMG_0053.jpg

【4】IMG_0054.jpg  【5】IMG_0055.jpg
 

【6】IMG_0056.jpg



大きいブロックを4枚繋いだ後でミシンで縫って袋にしたら完成も間近ですね。
急がなくちゃ~。

とりあえず今回だけは
裏布を気にしなくて済みそうです(ほっ)。




【A】*ログキャビンでハロウィーン*ミスったようです




ログキャビン専用キルト綿って優れモノですね。
ふつうに縫っていると思うのに、次第に斜めにずれてしまうのですが、
そんな心配をすることなくさくさく縫うことができます。


ここで何気なく付属の作り方を見て「あらっ?」






>表布どおしを縫い合わせたら、キルト綿をつきあわせで
巻きかがりでつなぎます。
裏布は織り込みながら奥たてまつりで縫い合わせます。



ん?裏布?と思って作り方の図を最初から確認してみると



>裏布にキルト綿をのせ周囲にしつけをかけます。



って書いてあるではありませんか!

つまり
パッチワークに入る前に
キルト綿に裏布を当てた状態にしておかなければならなかったんですね。つまり三層。


あちゃ~(((0≧▽≦0))) さっそくミスってしまいました。


仕方ないので、ブロックどうしを繋ぐまでキルト綿むき出しででいきます(hahaha...)
これでひとつ勉強になりましたが・・(笑)。







【B】*ジンジャークッキーボーイ*でハロウィーン♪

ハロウィーンの準備【B】です。


斉藤謡子さんの本で
ジンジャークッキーボーイのミニクッションを見かけました。

あら~可愛い♪

息子が幼かった頃
クリスマスツリーの飾りにジンジャークッキーボーイを焼いたことを(クッキーのこと)憶えています。

でもハロウィーンだってクリスマスだっていいじゃない?
と思ったら居ても立ってもいられなくて。

しかし集中力がないので脱線路線をまっしぐらです。








【A】*ログキャビン*でハロウィーン



"ログキャビン専用キルト綿"を見つけました♪
便利なものがあるのですね。


かつて白いキルト綿に線をひいて
直接縫い付けていく方法でログキャビンのパターンを縫ったことがあります。

たぶん私の縫い方が悪かったのですが
縫い進むにつれてキルト綿が微妙にずれ下地のキルト綿が歪んでしまい
これはダメだと早々と挫折しました。

膝掛けになる予定でしたが一枚だけ作ったところでおしまいにして
15センチ×15センチ(内径)の小さな額におさめて飾ってあります。


今回はログキャビン専用綿なるものを買ったので再チャレンジです。
とりあえず16枚繋げて
40センチ×40センチほどの大きさになったら何にしようか考えます。
タペストリーもいいけどクッションもいいですね♪
連休中はせっせと
星のパターン&ログキャビンのブロック作りに励みたいと思います。



*布を選びました*
真ん中のチャコールグレーは畝の入った素敵な布です。
チャコールグレーの布もレンガ模様の布も今回がお初です。






Comment


Comment Form













非公開コメントにする